http://www.sleepydogtaro.com/ ↑撮りためた空の写真を載せている個人的なHPも要チェック!


by sleepydogtaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:放物線( 1 )

放物線

 ん〜〜〜、少しまじめな事を言うと 歌を歌う=独り言 のような気がするのです。自己満足と言われてしまえば、それまでやけど大体の曲が僕が日々感じてる事をメロディーに乗せて歌っている訳で。サウンド的に好き嫌いはあるでしょうけども共感してくれる人がいれば届くだろうし、共感出来なければその他大勢の中のひとつでしかない訳で、、、。僕の作る歌がいったいどれだけの人に共感してもらえるかなんてすごく曖昧なものな訳で。でも一人でもええというてくれる人がいる事で何回救われた事か、、、そんな人にいつまでも聴いてもらえる音楽をやっていきたいし一人でも多くの人に聞いてもらえる日が来るのを描いて書いた曲。

うわぁ〜〜〜俺、真面目ぇ!(笑)


放物線


不意にこぼれた ため息まじりの相槌は
僕の心にポッカリ空いた穴を映し出した
七色に見えた虹の裏側を覗き込んで
君の心にポッカリ空いた穴を埋めましょう

描くように君を見つめてた 溢れそうな日々の思惑は 遠い空へ

放り投げた僕の声はこの地球の何処かの誰かに届くかな
君にちょっと話した夢の続きには 当たり前のように君が居る

届きそうな君の指先は触れてしまえば消えて無くなるかも 遠い空へ

左胸の奥の方が 締めつけられる程の痛みを抱えても
君がちょっと立ち止まって笑ってみせるから このままじゃ終われない

放り投げた僕の声は この地球の何処かの誰かに届くかな
君にちょっと話した夢の続きには 当たり前のように君が居る


 
[PR]
by sleepydogtaro | 2007-09-09 20:57 | 放物線